Active Feeling

ACTIVE DESIGNの日常やその時に感じたことなどを書いていきたいと思います。
もみ撒き
思うところあって、姉の嫁ぎ先である御船の健一じいちゃんに弟子入りし、今年から米作りの手伝いをさせていただくことに。

前回あぜ道の草刈に一度お邪魔して、今日はいよいよ田植え用の苗をつくるための、もみ撒きです。


2014-05-04-1.jpg
育苗用の土を入れた苗箱に、専用の機械で均等にもみを撒き、目の粗いざるでその上に薄く土をふるい覆土します。
手前に座って絶妙なスピードで箱を流していくのが健一じいちゃんの役目です。

2014-05-04-2.jpg
種を撒いた育苗箱(苗床)を田んぼの一部に設置し、発芽のためと鳥獣に食べられないようカバーをかけて、そこに水を引き込み、発芽を待ちます。

2014-05-04-4.jpg
苗床の準備が終わると田んぼの畔を野焼きしました。
何もかもが初めてでしたが、意外と筋がいいとほめられて、調子に乗る私。
(翌日は筋肉痛で大変でしたが)

2014-05-04-3.jpg
健一じいちゃんと軽トラの荷台に乗って移動するのもいちいち楽しかったです。

この日は姉婿のご兄弟やその子供さんたちも手伝いに見えていて、終わった後はみんなでバーベキュー。
とても楽しい一日を過ごさせていただいたとともに、家長として大事にされている健一じいちゃんとそのご一家の和やかな雰囲気に、憧れにも似た私の理想を見た気がしました。
| 稲作 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
木造住宅耐震診断
熊本市の木造住宅耐震診断士に登録しました。

推計では、熊本市だけで4万4千戸の耐震性が不十分な住宅があるそうです。
数字にしてみると、改めて安全性を確保できていない住宅の多さに驚かされます。



ここにきて、国も、税制面において新築同様に中古住宅に対する優遇措置を拡充してきており、金融機関も、融資面で中古住宅とその改修費に、新築同様の住宅ローンが組めるよう変わってきています。

これからの住宅取得層である若い世代にとって、自分たちの暮らしに合った家を手に入れるための一つの方法として、リノベーションが取り上げられるようになってきましたが、表面的なデザインやコストにばかりとらわれるのではなく、建物の安全性にも目を向けてほしいと思っています。

熊本市の場合、昭和56年5月以前に着工された木造住宅は5000円で耐震診断が受けられますので、該当する方は是非利用されてみてはいかがでしょうか。
| その他 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
気になる物件
最近日課となりつつある新聞の不動産情報欄のチェックをしていて、気になる物件(熊本市中央区・敷地約27坪の細長い土地・木造2階建・築40〜50年)があったので見に行ってきました。
所有者が県外在住の為管理できないので売りに出されているとの事。
学生アパートで使用されていた古い木造の建物で、ここしばらくは空家となっていたようだ。
耐震診断・補強をして自由にカスタマイズ出来る学生向けのアパートにしたら...などと空想していると楽しくなる。

あるいは、この土地に新築で住宅を計画するならば、電柱を敷地内に移設することで間口は車2台十分確保できる...とか、将来三方向を建物で囲まれてもいいように敷地の中央に、屋外の吹抜けを設けるPLANに...などなど想像の世界は果てしなく広がる。

実際、建物に必要以上の質や機能を求めなければ、中央区のこの場所で、マンション購入価格で戸建が実現できそうだ。






この物件は、その後すぐに買い手がついたようです。
どんな方がどんな目的で購入されたのかはわかりませんが、郊外の分譲地に比べてもはるかに利便性のよい立地ですから、ある意味賢い選択をされたかもしれません。

現在、すでに住宅の数は世帯数を大幅に上回っていて、空き家率は13%を超えており、今後もますます増えていくと予想されています。特にこういった土地というのは、ハウスメーカーの規格プランでは限界があるし、工務店では提案力が足りなかったり敷地を生かす設計力に欠ける等、顧客のこだわりにこたえることができる設計者が、もっとこういった不動産の流通に積極的に係わっていくことが必要ではないかと最近強く思っています。
| 不動産物件 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
畑に野菜を植える
南側に植えた木々が茂って、日が当たらなくなったこともあって、何年もほったらかしになっていた事務所の庭の畑に、今年久々に野菜を植えました。

キュウリ、ナス、パプリカ、ししとう、ゴーヤ、そして青じそを地植えに、ミニトマト(アイコ、イエローキャロル)とバジルを鉢植えに植えました。





こはるの散歩のあとの水遣りが日課になりそうです。
| gallery's garden | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
NAGAMINEの家 引き渡し
NAGAMINEの家が完成し、無事お引渡しいたしました。

昨年末の12月15日(大安)に地鎮祭を行い着工しましたが、増税前の駆け込み需要で、職人さん不足のため、年明けから年度末にかけての仕上げ工事に多少の不安はありましたが、設計段階でかなり細かな打ち合わせを施主様と時間をかけて行い、着工時に綿密な工程や各工種の契約も終わらせていて、職人さんたちの確保ができていたので予定通りに終わらせることができました。

なぜいつも予定通りの工期を1日も遅らせることなく終わらせることができるのかーといいますと、一番大きいのは、工事の途中での変更や追加がほとんど出ないからです。それだけ着工時に細かいところまで決めてしまっているので、工程にずれがおきず、職人さんも日程が組みやすいので間違いなく現場が進むというわけです。

ほとんどの住宅の建築現場は、見切り発車で着工するので、現場が動いているときよりも空いている日にちの方が多いのではないでしょうか。当事務所の場合は、設計者が工程まで細かく監理していることで、現場の無駄が非常に少なくて済んでいます。






これからは、施主様がこの家を育てていかれる番です。
チームA+Dとも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。
| NAGAMINEの家 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE