Active Feeling

ACTIVE DESIGNの日常やその時に感じたことなどを書いていきたいと思います。
<< 九州芸文館 | main | 神戸・瀬戸内への旅3 豊島(てしま)編 >>
神戸・瀬戸内への旅1
 8月の終わりに、神戸と瀬戸内の島へ短い旅をしてきました。

なぜ神戸かというと

2013-08-24-1.jpg

8月24、25日にワールド記念ホール(神戸・ポートピアアイランド)で行われた、斉藤和義20周年記念ライブに参戦するためでした。この記念ライブは神戸が2DAYS、さいたまアリーナが1DAYの3日間のみのもので、神戸の2DAYSとも行ってきました。大きな箱(2日とも6000人超)の割には音も非常によく、これまでの斉藤和義のライブの中でも1、2を争う出来だったのではと思える内容だったので、もう大満足でした。(8月25日のライブの模様が、WOWWOWで10/13に放映されます。もしかしたら私も映っている...かも)


2013-08-25-13.jpg
↑神戸ワールド記念ホール(写真撮るのを忘れていたので、ウィキペディアより拝借)



というわけで、ライブ三昧の神戸の夜でしたが、昼間は三宮界隈を少し散策してきましたので、ご紹介します。



兵庫県立美術館(設計:安藤忠雄)

神戸に行くことがあったら、ぜひここを見たいと思っていた安藤忠雄氏設計の美術館です。この美術館は、阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして平成14年にに誕生。前面の海に接するなぎさ公園と一体化して設計されています。 館内は、通路が巡らされ、建物そのものを鑑賞の対象とするような空間で構成されています。

2013-08-25-05.jpg


2013-08-25-06.jpg


2013-08-25-01.jpg



2013-08-25-03.jpg



2013-08-25-04.jpg



2013-08-25-16.jpg


2013-08-25-17.jpg


2013-08-25-18.jpg


2013-08-25-20.jpg


2013-08-25-19.jpg

階段を延々と上ってたどり着く展示室というのは、高齢者や小さな子供さんにはちょっと厳しいかなとも思いましたが、そういう点を含めて、いろいろな意味で安藤忠雄さんらしい建物でしたね。

この日は、「ベルサイユ宮殿のスーパーセレブ マリー・アントワネット物語展」をはじめ、夏休み最後の日曜日らしく、子供向けワークショップがいくつも行われていて、雨天にもかかわらず、大勢の親子連れで賑わっていました。




フロインド・リーブ生田本店(設計:W.M.ヴォーリズ)

2013-08-25-07.jpg

この建物は、現在は神戸の老舗ベーカリー「フロインドリーブ」のカフェとして神戸の新しいランドマークとなっていますが、その歴史は古く、1929年(昭和4年)にヴォーリズの設計により、神戸ユニオン教会として建てられたゴシックスタイルの教会堂です。

以下記念碑より引用
「・・・その後居留地の歴史とともに歩むなか、1995年(平成7年)1月の阪神淡路大震災と過去幾多の災害にも遭いましたが、顕著な被害を受けることもなく教会建物としての使命を果たしてきました。1997年(平成9年)フロインド御夫妻の保存計画により、ジャーマンべーカリー固有の手作りパンの総合活動として施設の充実と改修工事を行い、1999年(平成11年)11月ここにこの建物の新しい歴史が刻まれました。また同年9月文化財保護法に規定する文化財登録の答申を受け、国際観光都市神戸に相応しい名所の1つとして新たに加わりました。」



2013-08-25-08.jpg

礼拝堂の解放的な吹抜け空間は、現在カフェスペースとして利用されており、女性客やカップルに人気のこのお店は、神戸のガイドブックには必ず登場しているほどです。また、この空間は映画やドラマの撮影でもしばしば使用されており、つい最近も上戸彩と飯島直子が出ていたドラマで見た、と妻が言っていました。




2013-08-25-10.jpg

神戸と言えば美味しいパン屋さんがたくさんあることで有名(さすがは旧居留地)ですが、このイスズベーカリーさんはフロインドリーブのすぐ近くにありまして、「こっちの方が美味しいよ」とタクシーの運転手さんにすすめられたお店です。実際に少しだけ買ってみたのですが、ドイツパンのフロインドリーブとはまた違った素朴な感じで、本当美味しかったです。

タクシーの運転手さんというのは、旅先では本当に頼りになる存在で、この日、三宮あたりで洋食を食べたいと言ったら、教えてくれたのがこのお店でした。


2013-08-25-14.jpg
欧風レストラン もん(昭和11年創業)

 美婦貞奇(ビフテキ)という看板が、神戸っぽいですね。



私はとんかつ定食、妻はオムライスをいただきました。
洋食の歴史を感じる味で、シンプルだけどうまかったです。お客さんも観光客というよりは、地元の常連さんが多い感じでした。
2013-08-25-15.jpg

2013-08-25-11.jpg

デザイン紀行というよりグルメ紀行になっていますが、せっかく来たのだからライブだけではもったいないと、翌日と翌々日は、瀬戸内の島々で開催されている「瀬戸内国際芸術祭2013夏」で、直島をはじめとする3つの島を巡って、アートを堪能して参りました。

長くなりますので、その模様は次回アップしたいと思います。
| デザイン紀行 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.activedesign.jp/trackback/865220
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE