Active Feeling

ACTIVE DESIGNの日常やその時に感じたことなどを書いていきたいと思います。
<< 岩清水さん結婚式 | main | 太陽光発電 6か月目 >>
BKF Chair
BKFチェアに関する記事がエルデコとカーサブルータスの11月号に載っていました。 

bkfchair3.jpg



bkfchair5.jpg
↑こちらはエルデコ、TREND WATCHというページ。


bkfchair4.jpg
↑こちらはカーサブルータスのNews! on your fridgeのページ。

どちらもBKFチェアが復刻したニュースとして扱っています。

せっかくですので、ここでBKFチェアについて、少し詳しくご説明したいと思います。

1938年に3人のアルゼンチン人によってデザインされたこの椅子は、「バタフライチェア」または「ハードイチェア」の愛称でも知られ、1950〜60年代にかけて、特に若者たちに熱烈に支持され、当時はイームズさえもしのぐ人気だったという名作椅子です。

BKFという名前は、3人のデザイナー(アントニオ・ネット、フアン・ルチャン、ホルヘ・ェラーリ=ハードイ)の名前の頭文字をとってつけられたものですが、当初、彼らは「Southern」という名前を考えていたようです。彼らはル・コルビュジェの下で働いた経験を持ちますが、この椅子にはその影響はあまり感じられず、それよりも、イギリスのエンジニア、ヨゼフ・フェンディが1855年にデザインしたTripolinaという椅子(イギリスの軍隊で使われていた木製折りたたみでキャンバス生地の椅子)にインスピレーションを得たと言われています。


bkfchair1.jpg
復刻して、ほとんど国内一番乗りで9月中旬には当事務所に来た、ブラウンレザーのBKF。


bkfchair2.jpg
カラーは3色。ブラック、ブラウン、そしてナチュラルレザー。
価格はそれぞれ違い、
ブラック:¥99,750(税込) ブラウン:¥129,780(税込) ナチュラル:¥139,650(税込)
生産国:スウェーデンCuero  ※組立式です


面白いのは、この椅子を最初に見染めたのは、あの落水荘のオーナーの息子であるエドガー・カウフマン・ジュニアだということです。

この椅子は3人がブエノスアイレスで設計したアパートメントのためにデザインしたものですが、その試作品をある展覧会に出品したところを、MOMAのディレクターであったカウフマン・ジュニアによって発見され、彼のオファーで3脚をニューヨークへ送ったそうです。そのうちの一つがMOMAのコレクションとなり、もうひとつは、ペンシルバニアにライトがデザインした落水荘におかれたそうですが、最後の一つはどこへ行ったかわからないとのこと。

一昨年、落水荘を訪れた時には気づかなかったのですが、もしかしてあの建物のどこかにBKFが置いてあったのかもしれません。もう一度写真を見直してみます。

カウフマンが「この軽量で安価なラウンジチェアは、アメリカで絶大な人気を誇るだろう」と予想したとおり、当時のアメリカで大人気になり、1950年代には、500万脚ほど製造されたそうです。


BKFが事務所に来てから1カ月半ほど経ちますが、大ぶりの椅子にしては軽量なので、掃除したり、ちょっと動かしたい時などにも簡単に移動できるので非常に使いやすく、ベジタブルタンニンでなめした厚めの革をたっぷり使ってある割には価格もリーズナブルではないかと思います。


そいういうわけで、今はまだ革がちょっと硬くてごわついた感じのBKFですが、年数を経て、いい感じに馴染んでくれるのが楽しみです。北欧の椅子にしてもそうですが、長い年月使うことができ、より体に馴染み、いい味を出してくれる椅子を持つことは、今のエコの時代にふさわしい選択だと思いますし、本当の意味で生活を豊かにしてくれるものだと思うのです。
| Chairs | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.activedesign.jp/trackback/865158
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE