Active Feeling

ACTIVE DESIGNの日常やその時に感じたことなどを書いていきたいと思います。
耐震診断を行って
6月と7月に1軒ずつ、戸建木造住宅の耐震診断(一般診断)を行いましたので、その結果を少し書いてみます。

実際に天井裏や床下にもぐって、柱や梁の接合部や筋交いの有無、金物の使用があるか等...をチェックし、間取りと柱・壁・筋交い・屋根等の構造に関する現況データを入力して耐震診断のソフトにかけます。そして出た数値が上部構造評点として耐震性を判断する基準となります。

上部構造評点が1.5以上:倒壊しない
       1.0以上:一応倒壊しない
       0.7以上1.0未満:倒壊する可能性がある
       0.7未満:倒壊する可能性が高い  

今回一般診断を行った2軒とも、昭和56年の5月以前に建てられた建物でしたので、ある程度予想はしておりましたが、0.5以下という結果がでました。これらの物件に限らず、56年以前の建物ではだいたい同じような結果が出ているようです。

実際に数値が出てみると、あいまいな希望的観測でごまかすわけにはいかず、現実の状況を把握できるので、耐震補強工事をするなり、しないとしても大地震時には倒壊する可能性が高いという心構えができるだけでも、多少は違うのではないかと思います。







熊本市でも4万4千戸の耐震性が不十分な住宅があると推計されていますが、熊本市の補助事業では、一般診断のH25年の募集が138件、H26年は135件です。このペースで4万戸の住宅をカバーするには300年以上かかる計算になります。

補助金を受けず、自費で行う場合は、物件の条件によって金額も変わってきますが、おおよそ延べ床面積1屬△燭1000円を目安にされるといいと思います。
| 耐震診断 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE